食うの最近のブログ記事

ブダイ

130411-budai.jpg 【2013/04/06 富戸】4月6日は夜から暴風雨の天気予報だったので夕食は外食せずに、富戸の地元の東急ストアでタイムサービスのお刺身買って来てこっそり晩御飯。この日の目玉は下田産のブダイ(お皿の右端)。富戸の海ではよく見かけるけれど食った事が無かったので期待大。「さて、どうかな」とドキドキしながら一切れを口に運ぶと、「うん、美味い!」この日買った他のマグロ・カツオ・イサキ・スルメイカと比べても一番の味わいだった。コリコリとした歯応えが心地よく、白身には上品な甘みが感じられた。どうしてこれをもっと食べないのだろう。

竹の子

130407-takenoko.jpg 【2013/04/06 富戸】富戸の港で、朝獲れの竹の子を頂いた。うぉ~、遂にそんな季節に突入かぁ。最もシンプルながら新鮮でなければ出来ない「焼き竹の子」が竹の子料理の中では一番好き。ちょっと醤油をつけただけで、このコリコリ感が・・コリコリコリ・・くぅ~っ、春じゃ春じゃ~、富戸の春祭りじゃぁ~。

目刺し

130326-mezashi.jpg【2013/03/24 富戸】朝獲れのイワシを目刺しにして漁師さんが干物作り。カタクチイワシの中にマイワシも結構混じっている。魚種交代の象徴として1990年代から漁獲量の激減が良く知られたマイワシだが、少しは漁が回復してきているのだろうか。

大ちゃん食堂

130318-daichanshokudou.jpg 【2013/03/17 IOP】IOP内に「大ちゃん食堂」なるお店がオープンしたと聞きつけたので、富戸ダイビングの水面休息中にIOPに伺ってみた。お会いするガイドさん達が一様に「今日は一体なぜこんな所に?」と聞いて来られる。さて、この日は二色丼を注文。イナダの切り身(ゴマ油風味)と、アジとスルメイカを玉ねぎみじん切りと共に。イカの肝も添えて。「うん、海辺でこの新鮮な風味を頂けるんならいいんじゃない」と満足、満足。980円也。また来てもいいな。

フウセンキンメ

130314-fuusenkinme.jpg 【2013/03/09 富戸】この日の夜は、市場には普通出回る事のないフウセンキンメの焼き魚定食。「むらた」さんが釣って来たもの。the キンメダイよりもかなり身が柔らかく、煮魚にすると煮崩れてしまうとの事。確かに、ほっこりとした口当たりで、皮のパリパリ感とのコントラストが絶妙。ごちそうさまでした。

クジラ最中

130118-kujiramonaka.jpg 海の食べ物シリーズは続く。仙台土産として頂いたクジラ最中。これはマッコウクジラなのかな。ま、形はなんであれ、甘党の僕はバリバリと一口でごちそうさま。餡も上品な甘さでございました。

ホタルイカ

130117-hotaruika.jpg 【2013/01/12 富戸】頂き物のホタルイカの干物。「え~?こんなものまで干物にするの?こんなのをチマチマ網に並べてたらイライラするんじゃないのかな」と要らぬ心配をしながら一口。「おおっ、肝の味がしっかりするぞ」と意外な味わいにびっくり。

イカ大根

130114-surumeika.jpg 130114-daikon.jpg130114-ikadaikon.jpg
【2013/01/12 富戸】漁師さんから港で朝獲れのスルメイカを頂いた。ひゃ~、有難い。と思ったら別の漁師さんから自分ちの畑で採れたダイコンを頂いた。これを食べるともう青首大根などは食べる気がしないとの事。この2品が揃ったら、こりゃあイカ大根を作るしかないでしょ。そこで、夕食は漁師さんレシピの煮物。いやぁ、やっぱりイカの肝と墨が入るとコクが違うなぁ。それに、ちょっと煮ただけなのに大根の軟らかい事。冬は焼肉よりイカ大根だぁ~。


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち食うカテゴリに属しているものが含まれています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ウェブページ