港の草花・生き物の最近のブログ記事

シダレザクラ

130324-shidarezakura.jpg 【2013/03/24 富戸】IOP・富戸に車で来る方ならばお馴染みの蓮慶寺の枝垂れ桜はいまが最盛期。日が昇ったばかりの時間にこの木の下に立つと薄いピンクのドームの中に入った様な不思議な気分。

大島桜

130324-ooshimazakura.jpg 【2013/03/24 富戸】河津桜、城ヶ崎桜につづいて港の大島桜は今が見ごろ。殆ど真っ白な花弁は素朴ながら力強い可憐さがあって僕のお好みである。(富戸の港にソメイヨシノはありません)

菜の花

130319-nanohana.jpg 【2013/03/17 富戸】春の花と言えばまず桜だろう。港の周りをピンクに染めて行く様は確かに明るく華やかなのだが、実は僕が一番好きなのは菜の花である。誰が世話をしている訳でもないのに、毎年必ず同じ場所に黄色い花を咲かせて暖かな風に揺れているのを見ると何だかウキウキして来る。

ウラシマソウ

130315-urashimasou-1.jpg130315-urashimasou-2.jpg130315-urashimasou-3.jpgのサムネール画像130315-urashimasou-4.jpg130315-urashimasou-5.jpg
【2013/03/09 富戸】性転換する植物として知られるウラシマソウが富戸の港で芽吹くのが丁度今頃の季節。以前は、釣竿をぶら下げた奇妙な形の花にしか興味がなかったからどんな風に成長して来るのかよく分からなかったが、株を個体識別して性転換を確認してからは発芽に直ぐに気づけるようになった。タケノコみたいなのがにょっきり出て来たと思ったら、その鞘の中からうなだれた葉っぱが頭を持ち上げてくるのだ。花を咲かせて実を成らせるのはGWの頃かな。





城ヶ崎桜

130309-jougasakisakura.jpg 【2013/03/09 富戸】例年は河津桜の花期が終わってから咲き始める網干し場の城ヶ崎桜が、ここ数日の陽気で一気に満開のピークに駆けのぼった。朝一番に静かなこの場所に立つと、空一面がピンク色に染まって見える。

河津桜

130226-kawadusakura.jpg 【2013/02/17 富戸】昨年12月8日に最初の一輪を咲かせてからジワジワと勢いを増し、それでも港の河津桜(恐らく)は今でも3~4分咲き。花期が長い桜だなぁ。でも、今年は満開と言う華やかな時期はなく、こうしてだらだら咲き続けるのではないかな。

スイセン

130218-suisen.jpg 【2013/02/17 富戸】港の草花では僕は野草にしか注目しておらず、地元の人が植えた水仙には何の興味もないのだが、前日からの雨が上がって青空が広がった朝には、この白い花弁は清々しかった。

ウミウ

130208-umiu.jpg 【2013/02/02 富戸】朝からの雨が上がったと思ったら、一挙に青空が広がりどんどん暖かくなって来た。すると、ウミウも「やれやれ漸く晴れて来たか」と翼を広げて羽を乾かし始めた。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち港の草花・生き物カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは港の出来事です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ウェブページ