港の出来事の最近のブログ記事

居酒屋もへじ

130414-moheji.jpg 【2013/04/12 富戸】何だか最近多いなぁ。テレビドラマの撮影が富戸の港で先日行われた模様で、水谷豊さんが富戸に来たらしい。「居酒屋もへじ」って不定期で続く特別ドラマのようだけれど、どんなお話なのか全く知らない。またカメラを構えてテレビの前でかぶり付きかな。

目刺し

130326-mezashi.jpg【2013/03/24 富戸】朝獲れのイワシを目刺しにして漁師さんが干物作り。カタクチイワシの中にマイワシも結構混じっている。魚種交代の象徴として1990年代から漁獲量の激減が良く知られたマイワシだが、少しは漁が回復してきているのだろうか。

大ちゃん食堂

130318-daichanshokudou.jpg 【2013/03/17 IOP】IOP内に「大ちゃん食堂」なるお店がオープンしたと聞きつけたので、富戸ダイビングの水面休息中にIOPに伺ってみた。お会いするガイドさん達が一様に「今日は一体なぜこんな所に?」と聞いて来られる。さて、この日は二色丼を注文。イナダの切り身(ゴマ油風味)と、アジとスルメイカを玉ねぎみじん切りと共に。イカの肝も添えて。「うん、海辺でこの新鮮な風味を頂けるんならいいんじゃない」と満足、満足。980円也。また来てもいいな。

潜蜜

130317-senmitsu.jpg 【2013/03/16 富戸】ヨコバマの浜の湯の手桶がハート型にバージョン・アップされていた。これがあれば、全ての女性がセクシー系ダイバー「潜蜜(せんみつ)」に早変わり。

温泉丸

130307-suberu.jpg 【2013/03/07 富戸】家庭に受験生を抱えるダイバーも多いと思うのだが、今が一番神経質な時期であるそんな人達は、温泉丸のこんな掲示にもピリピリするのだろうか。

ハンチョウ

130305-kobatomaru-B.jpg 130305-kobatomaru-A.jpg 【現場検証-その3】犯人が乗り込んだ船は地元の「こばと丸」さん。富戸ダイバーは時々ボートダイビングでお世話になっている・・らしい。「らしい」と言うのは、僕は赤貧ダイバーなのでお金のかからないビーチダイビングしかした事がないからだ。

ハンチョウ

130305-hanchou-2A.jpg 130305-hanchou-2B.jpg 【現場検証-その2】若い女性刑事が駆けていたのが港の内部。同じ場所でも真っ黒ウェットスーツのダイバーが走ると全く華が無い。

ハンチョウ

130505-hanchou-1.jpg 【現場検証-その1】富戸でロケが行われ、先週放送された「ハンチョウ」を改めて現場検証。「この場面の背後で映っている二人はエキストラなのだろうか」と聞き込みを進める。すると、これは「どるふぃん丸」さんと「ひさ丸」さんと判明。偶然映ったらしく、漁師さんの間ではやはり少し話題になっていたらしい。

ハンチョウ

130226-hanchou.jpg 【2013/02/25 富戸】昨夜のTBSドラマ「ハンチョウ」の舞台に富戸港が登場。ストーリーなんかそっちのけで「どの場面で出て来るんだ」と緊張のしっ放し。そして、遂に登場「お~、ここから撮るのかぁ」と興奮。後ろで小さく映っているのは誰なのかなぁ。鉢巻してるから「どるふぃん丸」さんかな。ちょっと体型が違うかな。

ふとの日

130213-futonohi.jpg 【2013/02/10 富戸】2月10日は「ふとの日」。今年豊漁に沸くスルメイカの干物や煮物(これが美味しくてご飯が進むんだぁ)、サバ、ウツボ、メダイ(今回はこれが目玉商品)の焼き物を漁師さんに振る舞って頂いた。ありがたや、ありがたや。それで、今回の持ち込みネタは、この日の為に2か月近く熟成を進めて来た、種子島直送の安納芋。二つに割ると、ねっとりとしたまっ黄色の芋。周りのダイバーに見せびらかす事が出来る為に、「美味しいなぁ~」とことさら大声で感動する。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち港の出来事カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはその他です。

次のカテゴリは港の草花・生き物です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ウェブページ