アオリイカの産卵

150907-aoriika.jpg
【2015/09/06 富戸】くもり、海況:やや波のち穏やか、水温:25℃、透明度:20m

ダイビングの夏時間も週末は来週が最後となり、アオリイカの産卵床も間もなく引き上げられてしまいます。しかし、ここに来て激しい産卵が急に復活しまし た。「うぉ~」すぐ傍で見るアオリイカの迫力はやはり格別です。「でも、この卵は孵ることなく引き上げられてしまうんだよなぁ」と少し哀れに思えるのでし た。

このブログ記事について

このページは、onsenmaruが2015年9月 7日 07:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コンゴウテンジクダイ」です。

次のブログ記事は「バラフエダイの幼魚」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ウェブページ